弁護士等紹介ATTORNEYS PROFILES

代表代行パートナー

鈴木 里士SATOSHI SUZUKI

2001年に当事務所で弁護士としてのキャリアをスタートさせ、以来、石嵜弁護士の指導の下、様々な労働事件に携わってきました。そのなかで、使用者側労働弁護士としてのバランス感覚と大局的な視点に立った事件解決の大切さを学びました。
これまでの経験や専門性の強みを発揮しつつ、誠実かつ迅速に依頼者のご要望に応えるよう努めていきたいと考えております。

経歴

1998年
中央大学法学部卒業
1999年
司法試験合格
2001年
司法修習終了(54期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
石嵜信憲法律事務所入所
2011年4月
ヴァイスパートナー就任
2013年1月
パートナー就任
2017年4月
代表代行パートナー就任

著書・論文等

  • 新改訂 人事労務の法律と実務』 (厚有出版・2008年・共著)
  • 「リアルタイム!労働関係法改正」 (労働新聞連載・2014年・共著)
  • 「教育研修の法律問題Q&A 募集・採用・配属」 (「労務事情」産労総合研究所)
  • 「教育研修の法律問題Q&A 業務命令・職場秩序」 (「労務事情」産労総合研究所)
  • 『問題社員対策(リスクマネジメント)』 (株式会社ダイヤモンド・ビジネス・プランナーズ)

セミナー

  • 「時間外労働、派遣・業務委託をめぐる法律と労働基準監督署への実務対応」
    (日本経営協会主催)
  • 「労働法フォーラム」(日本経済団体連合会主催)
    第1日目担当 「適正な人事管理のための法的留意点と実務対応」

お問い合わせ

ページトップへ