代表挨拶MESSAGE

代表弁護士石嵜信憲

当事務所は、昭和59年8月1日、当職が、現在は代表パートナーかつ事務局の責任者である黒部尚子氏とともに神田司町において設立し、当職の個人事務所としてスタートいたしました。

その後、研修所時代の恩師である阿部昭吾先生にお声がけいただき、阿部先生を中心に、「昭和合同」というグループで連携をとりながら、平成5年11月に現在の福岡ビル(八重洲二丁目)に移転しました。
移転後は、阿部先生を始め、昭和合同の先輩である森田健二先生を中心としたそごうの民事再生事件や、同僚の片山英二先生を中心としたJALの会社更生事件の手伝いをすることにより、労働事件専門弁護士ではなかなか携わることのできない事件を経験する機会に恵まれました。

事務所の規模としては、平成10年4月に現在の代表パートナーである山中弁護士を採用したのを皮切りに、人的・物的拡大に努め、現在では、弁護士34名、司法書士・社会保険労務士・行政書士各1名の体制で、福岡ビルの6階及び8階に合計300坪ほどのオフィスを構えるに至っております(令和2年1月現在)。

当事務所は、経営者側労働事件を取り扱う事務所として“ONLY ONE”を目指し、週に2回、所内で勉強会を開催するなどして日々研鑽に励んでおります。
また、近年は、当職の個人事務所から組合組織に経営体制を変更し、山中弁護士を筆頭とする弁護士陣への事業承継のための準備も進めており、将来的にも経営者側の労働事件専門事務所として発展できるよう、所員一同努力して参る所存です。今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表弁護士

代表パートナー 弁護士山中健児

当職は、平成10年4月に弁護士登録し、石嵜信憲法律事務所に入所しました。
これまで石嵜信憲弁護士のご指導のもと、また、顧問先企業をはじめ、数多くのクライアントの皆様に支えて頂きながら、人事労務の分野を中心に数多くの経験を積ませて頂きました。

平成19年8月に事務所のパートナーに就任し、若手弁護士を指導・育成しながら、事務所の弁護士業務を遂行し、平成23年4月からは、事務所の名称変更とともに、延増拓郎弁護士、鈴木里士弁護士に、事務所のヴァイスパートナーに就任して頂き、引き続き当職が事務所の弁護士業務を統括してまいりましたが、平成25年1月1日をもって当職が代表パートナーに就任し、事務所の弁護士業務の運営を執り行うことになりました。

当事務所は、現在弁護士34名、司法書士・社会保険労務士・行政書士各1名を擁する事務所であり(令和2年1月現在)、労働市場法、個別的労働関係法から団体的労使関係法に至るまで、人事労務のあらゆる分野において総合的なリーガルサービスを提供できる事務所です。
また、個別の労働事件については、複数の弁護士が、所内で議論をしたうえで一定の方針を立て、その方針のもとで事件に対応するというチームワークに大きな特色があります。

当事務所としては、このようなチームワークを最大限生かしつつ、そして、今後とも所属する一人一人の弁護士がより一層の経験を重ねて専門性を高めることにより、クライアントの皆様のニーズに迅速かつ確実に対応できる事務所を目指していきたいと考えております。

今後とも倍旧のご高配を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表パートナー 弁護士 山中健児

お問い合わせ

ページトップへ