弁護士等紹介 ≫ 横山直樹弁護士

Attorneys' Profiles

ヴァイスパートナー

横山直樹弁護士

経歴

2006年 慶応義塾大学法学部政治学科 卒業
2008年 慶応義塾大学法科大学院 修了
新司法試験合格
2009年 司法修習終了(新第62期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
2010年〜13年 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
(旧渥美総合法律事務所・外国法共同事業)
横山直樹弁護士
2013年 石嵜・山中総合法律事務所入所
2016年9月 ヴァイスパートナー就任

著書・論文等

就業規則の法務実務<第4版>』(中央経済社・2016年・共著)
『フロー&チェック労務コンプライアンスの手引』(新日本法規出版・2014年・共著)
『最新・シンジケート・ローン契約書作成マニュアル〈第2版〉』(中央経済社・2014年・共著)
労働行政対応の法律実務』 (中央経済社・2014年・共著)
『個人請負の労働者性の問題 - 労組法上の労働者性の問題と実務対応のポイント』(労働調査会・2011年・共著)
「【時事解説:人事労務】経営視点の新・給与制度設計シリーズ - 貢献度の高い人材育成と人件費抑制を両立させる方法 - 第2回個人の成果と使用者の業績に連動する年俸制度」  (Lexis AS ONE ,平成26年1月号)
「懲戒処分と企業年金の減額の可否」(格付投資情報センター『年金情報』2013年6月17日号)
「使用人兼取締役を巡る紛争の予防策?取締役は従業員としての受給権を主張できるか」(格付投資情報センター『年金情報』2013年9月2日号)
▼ More

Message

人事労務の分野の中でも紛争処理業務に力を入れています。当事務所入所以降,会社側代理人として,労働契約解消,割増賃金請求の対応,過労死・過労自殺,労災対応,営業秘密に関する紛争,街宣活動差止,会社分割に関する紛争,名誉毀損対応,労働組合対応等の多数の案件に関与してきましたが,とりわけ,労働契約解消に関する紛争処理業務の実務経験を多数有し,得意分野としています。
また,ハラスメントを中心とした従業員による不祥事の際の社内調査・実務対応(懲戒処分,民事責任追及等)に関しての実務経験も多数有しています。
その他,M&Aの際の人事労務問題(不利益変更,企業年金の処理等)に関する助言や労務に関する法務監査も数多く行っております。

PrivacyPolicy SiteMap

©Copyright 2011 ISHIZAKI & YAMANAKA All rights reserved.