弁護士等紹介 ≫ 吉野公浩弁護士

Attorneys' Profiles

パートナー

吉野公浩弁護士

経歴

1999年 早稲田大学法学部卒業
2002年 さいたま市役所退職
司法試験合格
2004年 司法修習終了(57期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
石嵜信憲法律事務所入所
2013年1月 ヴァイスパートナー就任
吉野公浩弁護士
2015年1月 パートナー就任

著書・論文等

懲戒権行使の法律実務〈第2版〉』 (中央経済社・2013年・共著)
新改訂 人事労務の法律と実務』 (厚有出版・2008年・共著)
「職場の健康管理Q&A」 (『へるすあっぷ21』2014年より連載中)
「職場の労務トラブル解決ガイド」 (『ビジネス法務』2006年6月号)
▼ More

セミナー

「労働法の基礎知識」(みずほ総合研究所主催)
「社員の精神疾患をめぐる法律と実務対応」(愛知県労働協会主催)
「個別労働紛争解決の法律実務」(鳥取県経営者協会主催)
「採用から退職までの労働法上の諸問題とその対応」(新潟県経営者協会主催)
「労働基準法集中講座(3) 労働時間・休憩・休日及び年次有給休暇をめぐって」
(みずほ総合研究所主催)
「人事担当者として知らなければならないコンプライアンス・法律知識」(日本経営協会主催)
「今企業が取り組むべき、労務リスク対応策」(労働調査会)
「労務管理実務のポイント35」(労働調査会)
公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会(全基連)の個別労働紛争解決研修講師
セミナー会社主催の各種セミナー、経営者団体主催の講演および企業内研修等を担当。
▼ More

Message

入所以来、日常業務として、労働法に関連する法律相談、規程・契約書類の作成・リーガルチェック、団体交渉や訴訟等の紛争対応を中心に行っており、大規模な人員整理、企業再編における労務対応、行政やマスコミへの対応を含め、労働法分野に関連する企業のニーズに対してワンストップで対応しております。
また、労働法以外の法務サポートとして、企業法務全般を取り扱っており、M&A、企業不祥事のコンプライアンス調査、倒産事件(申立代理人、管財人代理)、組織再編、システム開発紛争、債権回収など幅広い業務を行っております。
企業の法務ニーズが多様化する中で、労働法分野の専門性を持ちつつ幅広いリーガルサービスを提供できるよう活動しており、事案に応じて、個人としてのみならず、複数の弁護士でチームを組成して取り組み、お客様のニーズに的確にお応えできるよう努めています。

PrivacyPolicy SiteMap

©Copyright 2011 ISHIZAKI & YAMANAKA All rights reserved.